私が相談にのれることは、結婚・離婚・再婚・相続問題etc・・・

この世は法律で守られている。

というとかっこいいが、法律は守ってくれてる訳ではない。

法律は弱者を守ってくれるものと昔は思っていたが、今はそれが違うことがよく分かる。

 

法律は法律を知っているものが勝つ。

私は不動産の仕事をしているが、不動産の仕事をしている人がみんな、法律についてよく知っている訳ではない。

 

そして、自分が離婚する時は、誰に何を相談したらいいのか分からず、自分で色々調べた。

だけど、みんなが私みたいに調べるのが得意な訳ではない。

 

私はよく色々なことを相談されるが、全てのことを私が知っている訳ではない。

だから、私は相談されて分からなかったことは「調べる」

きっと、私はそれが出来るからみんなが色々なことを質問してくれるんだろう。

ということにインプットしたものをアウトプットしていて気付いた。

 

私が相談にのれることは、結婚、離婚、再婚、モラハラ、DV、発達障がい、ステップファミリー、終活、相続、保険、不動産。

くらいかなあ?

これって書き出してみたらどれもこれも実体験したものだ。

結婚、離婚、再婚は全部した。

だから、それをする時、何に気を付けるべきか?考えるべきか?を不動産と相続のプロとして伝えられる。

 

 

モラハラは、離婚の原因。

DVは、まだDVなんて言葉がない時代の恋愛時代の体験。

発達障がいは、子供が発達障がいかもしれないと思って色々調べたら、発達障がいだった。

と、同時に夫も発達障がいに違いないことが分かり、今までの(再婚してからの)言動の理由が分かった。

ステップファミリーは、再婚同士で子供が出来た今現在。

終活は、実際に不動産の仕事でよく相談を受けることと、自分の親が亡くなった時、夫の親が亡くなった時の実体験。

相続は、今までの経験上、亡くなる時が近づいたら考えればいいものじゃなく、せめて、結婚する時に考えておくもの。

保険は、実際に損害保険も生命保険も代理店になって、自分たちが入ろうとしたり、子供を入れようとしたら、引っかかったことで分かったこと。

不動産は、仕事。

こうして書き出してみると、私のやりたい仕事が見えて来る。

私は、私がインプットしたものを伝えたい。

それが経験だったり知識だったり色々だけど、多分、誰かの役に立つことだから。

ブログを書くこともそのアウトプットの一つ。

でも、ブログはテーマごとに書くのでそれの全てを伝えることは出来ない。

書くよりも話す方が「量」的に多くのことを伝えられる。

話すことに重点を置いて、文章を練ろう。

 

 

 

 

  • kumie
  • 福岡県行橋市で不動産業の他、インスタグラムセミナーや相続お茶会を開催。

    ネットのコミュニケーション歴は、24年。

    メーリングリストから始まり、ブログ、掲示板、Facebook、Instagramで多くのファンを獲得。

    特にInstagramはフォロワー1万人超えとなり、そのノウハウやツールをセミナーで教えている。

    大事にしていることは、ネットの向こうの人は生きている生身の人。

    また、本業の不動産業から派生する相続問題を分かりやすく伝えるメルマガを夫と一緒に発行している。

    福岡県行橋市出身。
    夫1人、こども2人、母の5人家族。

    父が亡くなり、母との確執の中、心理学に救いを求める。
    だが答えは、外にはなく自分の中にあることを知る。

    仕事上、離婚の相談は多く、家探しだけでなく身の上相談もよく持ちかけられる。離婚、再婚経験者でもあり、経験者としてのアドバイスはお客様に喜ばれている。

    息子の発達障がいをきっかけに、言わないだけで障がいを持っている子供を持っている親が多いことに気づく。

    それが「相続」や「お金」に絡み、いつか困ったことになる。

    情報を持つものが最後は勝つ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です