私が不動産の仕事でしていることは営業ではなく、カウンセリング

お部屋探しの時、私がすることは営業ではなくカウンセリング。

 

お客様がご来店。

お部屋探しをする時、最初に条件を色々聞く。

「家賃」「間取」「場所」

これが、一番大きなポイント。

この条件に合ったものの中から色々とピックアップして、ご案内が通常。

ただ、これを聞くだけなら、条件を紙に書いてもらうだけでいい。

 

問題は、この後、どれだけお客様の話を「聴く」ことが出来るか?

不動産のお部屋探しは、ここが一番重要なポイント。

 

「何故、お部屋探しをするのか?」

一番重要なのはそこ。

 

転勤、結婚、離婚、再婚、実家を出て一人暮らし、etc・・・・

お部屋探しをする理由は本当にいっぱいある。

どこまでお客様の本音を聴くことが出来るかで、そのお客様にあったお家の紹介が出来る。

 

「離婚した場合」と「今から離婚する場合」

これは、同じようで全然違う。

「お仕事はしているのか?」

「契約は誰の名前でするのか?」

「誰と一緒に暮らすのか?」

「お仕事をしていないなら預貯金はあるのか?」

などなど、その状況に応じて聞かないといけないことがどんどん出て来る。

離婚を考えていてそれがDVなどの場合は、お部屋探しではなく「シェルター」を薦める。

開業して今年で5年になるが、離婚の相談は非常に多い。

一口に離婚と言ってもそのパターンは、個々それぞれで同じものは一つとしてない。

その条件に合ったお部屋は、家賃、間取、場所だけでは決められない。

 

だから、お部屋のご案内よりも最初のカウンセリングが大事なのだ。

ここで色々と話を聴き、「今、お部屋探しをしない方がいい場合」や「賃貸よりも土地を買って家を建てた方がいい場合」や

「中古の家を買った方がいい場合」や「中古のマンションを買った方がいい場合」など、出て来ることもある。

 

最初、賃貸のお部屋探しでご来店。

その後、賃貸ではなく、お家を購入というお客様もいる。

だから、「何故、お部屋探しを考えているのか?」は本当に大事。

 

そして、色々話を聴いた後、私のお店で扱っているお部屋よりそのお客様にとって、良い物件があれば、よその不動産屋さんに行ってもらうこともある。

私の不動産工房ゆくはしは、そんなお店。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です